人気ブログランキング |

e0413469_05594158.jpg
EOS Kiss-M EF-M 18-150mm f3.5-6.3 IS STM


一昨日テニススクールへ通うのに蒲田から京浜東北線に乗ったら

ドアのところに、野球帽を被った小さなおじさんがいて、

右手にジョージアの缶を握りしめていた。

蒲田駅出発のドアが閉まるとき・・突然大きなしっかりした声で

「ドアが閉まります。これからの駆け込みご乗車はご遠慮ください」

と、ジョージアに向かってアナウンスし始めた。

あれっ・・とか思って見てると、

「次はおおもり・・です。」

大森駅に着くと

「大森に到着です。どなた様もお忘れ物のないように降りください」

しっかりしたアナウンスで、喋った。

「私は、人間的にも少し修行が・・」と自分のことを言ってたけど

よく聞き取れなかった。

はっきりしたいい声のアナウンスで、思わず笑ってしまいました。

別に人に危害を加えるわけでもなく、まあどちらかといえば微笑ましい・・かな。

世の中には、面白い人もいるもんだね。






# by cas_50414 | 2019-08-21 06:47 | 随想 | Trackback

Lateral ・・・側面・・・

e0413469_06075677.jpg
EOS 9000D EF-S 18-135mm f3.5-5.6 IS USM


普段見られない側面をさらけ出している。

前面と後ろ面は比較的、着飾ってきれいに見せようとするが、

側面は意外となおざりにされていることが多い。

物事の・・人の・・本質を鋭く的確に捉える

うがった見方をするためには、側面を観察するといいかもしれない。

横顔の素敵な人・・っているものね。









# by cas_50414 | 2019-08-20 06:20 | 随想 | Trackback

e0413469_06153093.jpg
EOS 9000D EF-S 18-135mm f3.5-5.6 IS USM

むかーーし、ネットでこんな歌を見つけたので

「夏・花火・恋は似ている 華やかで 終わった時は いつもさみしい」
                      (だてまきよ作)

e0413469_06153785.jpg
ご返歌いたしましした・・

「夏恋は 激しく燃えて さっと散る 心に名残の とげを残して」
                   (casの仲麻呂作)








# by cas_50414 | 2019-08-19 06:37 | みそひと | Trackback

e0413469_05565519.jpg
EOS 9000D EF-S 18-135mm f3.5-5.6 IS USM

夏休みになると、昼間の電車に親子、特に父親と息子・娘の

二人連れがよく見られます。

普段の日曜日以外はあまり見られない光景ですね。

ぼくは、四国の松山というところで生まれて育った。

父親と実質親子として、共に寝起きしたのはたった18年間だけ。

もちろんその間は何事もなく、きわめて穏やかな親子の関係が続いたと言える。

その父も20年ほど前に他界した。

親孝行、しようと思った時には親はなし・・

もっと親を大切にしておけばよかったと・・後悔するということだが、

実は、人は失って初めてそのものの大切さに目覚めるということをこの格言は教えている。

何事もない幸福な日々は、「まどろみ」であり、

喪失は「めざめ」である。









# by cas_50414 | 2019-08-18 06:20 | 随想 | Trackback

e0413469_05551979.jpg
EOS 9000D EF-S 18-135mm f3.5-5.6 IS USM

僕は、群馬に生まれて群馬に育ったわけじゃないけど、

東京と群馬のデュアラーな生活をしていると、

群馬に帰ると、ホッとすることが多いです。

田舎の時間はゆっくり流れ、

人はゆっくり話し、

空も、雲も、水も、全てが1/2倍速で動いているようです。

尽きることのない時の流れに身を任せて、

秒針に追い立てられることのない生活は・・時として・・いい。

もちろん・・東京は刺激的で好きですが・・








# by cas_50414 | 2019-08-17 06:05 | 随想 | Trackback